Wii本体に新色。Wii クロ発売予定

2009年8月1日、Wii本体に待望の新色、クロが登場します。

Wii.com JP - Wii(クロ)

合わせて、周辺機器にもクロが投入されます。

クラシックコントローラ PRO(クロ)
クラシックコントローラ PRO(クロ)

Wiiリモコン(クロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
Wiiリモコン(クロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

ヌンチャク(クロ)
ヌンチャク(クロ)


そして8/1と言えば、モンスターハンター3の発売日です。
ここで新規ユーザー層を一気に獲得でWii市場を再び活性化するのが狙いでしょう。

モンスターハンター3を従来版に近い操作でプレイする為に用意された、クラシックコントローラPRO同梱版モンスターハンター3にも
当然シロバージョンとクロバージョンが用意されています。

モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【クロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付き
モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【クロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付き

モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【シロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付き
モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【シロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付き


さらにはWii本体にこれらセットが同梱されたバージョンも発売されます。
モンスターハンター3(トライ) スペシャルパック(「Wii(クロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)」&「クラシックコントローラPRO(クロ)」同梱) 特典 モンスターヘッドフィギュア付き
モンスターハンター3(トライ) スペシャルパック(「Wii(クロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)」&「クラシックコントローラPRO(クロ)」同梱) 特典 モンスターヘッドフィギュア付き


このように様々なパックが発売される状態ですので、
購入時には必要なものをよく見極める必要がありますので
ご注意ください。

Wiiをインターネットに接続する方法(有線LAN・無線LAN)

ネットに繋ぐ事で初めて利用できるサービスが豊富なWii。
できれば常時接続状態にしておきたいところです。

ここではWiiをネットに接続する為に必要な機器をいくつか紹介します。
既に無線LANの環境がある方は、そのままWiiも接続して下さい。
また、紹介した機器で絶対に繋がるという保証はできませんので、万一上手くいかない場合の責任は取りかねますので予めご了承下さい。

それでは。

Wiiのネット接続方法は大きく分けて3つあります。
1、無線LANで接続する(推奨)
2、無線LAN(ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ)で接続する
3、有線LANで接続する


■ 1、無線LANで接続する場合

○現在「モデム」のみがある場合
「無線ブロードバンドルータ」が必要です。

おすすめ「無線ブロードバンドルータ」は
BUFFALO WHR-G54S 無線LAN」です。
(我が家はこれです。)
パソコンも無線で接続する場合は
BUFFALO WHR-G54S/U 無線LAN」もしくは
BUFFALO WHR-G54S/P 無線LAN」辺りがおすすめです。


○現在「モデム」と「(有線)ブロードバンドルータ」がある場合
もしくは
○現在「(有線)ブロードバンドルータ内臓モデム」がある場合
「無線アクセスポイント(ブリッジタイプ)」が必要です。

おすすめ「無線アクセスポイント(ブリッジタイプ)」は
BUFFALO IEEE802.11g 無線LAN AirStation ブリッジモデル WLA2-G54C
」です。
パソコンも無線で接続する場合は
WLA2-G54C/PN 11G 無線LAN ブリッジコンパクトC S」辺りになります。


■ 2、無線LAN(ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ)で接続する場合

ネットに接続されているパソコンのUSB端子に「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」を挿す事で無線LAN環境を作り、Wiiと接続します。
この方法は非常に簡単ですが、パソコンの起動時のみしかネットに繋がりません。
その場合Wiiのウリの一つである「Connect24」をフルに利用する事ができない可能性があります。
また、「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」はWindows XPのパソコンのみの対応になりますのでご注意下さい。


■ 3、有線LANで接続する

Wii本体のUSB端子に、別売りの「Wii専用 LANアダプタ」を挿し、そこにLANケーブルを接続する方法です。
Wii本体の所までLANケーブルを引くのが容易であれば確実な方法です。


以上、代表的な接続方法の簡単な説明でした。
Wiiはネットに接続する事によって面白さが倍増するので(似顔絵チャンネルのみでも既に実感済み)、是非接続してみて下さい。

■関連
オンライン対応ソフト一覧

「Wii」って何?

Wiiとは、任天堂の新世代ゲーム機です。
「Will(ウィル)」ではなく「Wii(ウィー)」です。

「Wii」についてよくわからない人向けに、解説記事を作成する予定だったのですが、どう考えても任天堂のWii公式サイト及び公式のQ&Aの方がわかりやすい為、そちらを参照していただくことにしました。

Wii公式サイト
Q&A

他に役立ちそうな解説記事があれば随時追加します。

Wiiをネットに接続する方法
ネットに繋ぐとさらに魅力が増すWii。
簡単な接続方法を紹介しています。

各接続端子による画像の違いについて
接続ケーブル毎の画質の差がわかります。

歴史を変える玩具:Wii
ゲーム情報サイトegさんによるWii紹介記事。初心者向け。

Wii 実機FAQ
Wii 実機FAQ その2
Engadget JapaneseさんによるWiiのFAQ。
ちょっと気になるネタがたくさん。

Wii伝言版

WiiConnect24を生かす機能の一つがこのWii伝言版です。

WiiConect24[ウィーコネクト24]
家庭内で使える伝言板としてはもちろん、外にいる家族の携帯電話とメールのやりとりができたり、Wii ユーザー同士でメッセージや写真を送ったりすることができるコミュニケーション機能の他、カレンダーと連動して、ある日突然、ソフトからメッセージが届いたり(例えば『どうぶつの森』のイベント開催案内など)、新しいアイテムや追加のマップが送られてきたりなど、ソフトと関連した情報配信サービスも行います。
Wii伝言版はWiiチャンネルとは独立した形で存在し、トップメニューからすぐにアクセスできるようです。

家族が、ユーザー同士が繋がってコミュニケーションの輪を広げる機能です。
上記のどうぶつの森の例のように、ゲームとの連動も可能なようです。

WiiConnect24

任天堂のWiiの極めて重要な機能の一つ、WiiConnect24[ウィーコネクト24]。

これはWiiを直接使用してない時でも、スタンバイモードで24時間インターネットに常時接続する機能です。
Wiiの本体は消費電力を極力抑えるように設計されている為、このスタンバイモードでは僅か豆電球1個程度の低消費電力で動作します。

これは使い方次第で斬新で面白いサービスが生まれる可能性を持っています。
大いに期待したいところです。

WiiConnect24公式サイト
ユーザーが眠っている間、外に出かけている間にもコンテンツを届ける「WiiConnect24」は「誰にでも楽しむことができる毎日が新しい体験」を提供し、「家庭の誰もが毎日 Wii と関わりのある生活」へと導きます。

Wii 本体同時発売タイトル一覧

12月2日にWii本体と同時発売されるタイトル(ロンチタイトル)リスト。

10/2日現在、11社17タイトル予定。

※更新 街クルドミノ→未定に変更
10/20日現在、10社16タイトル予定


Wii Sports」 任天堂 4,800円
おどるメイドインワリオ」 任天堂 5,800円
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」 任天堂 6,800円
はじめてのWii」 任天堂 4,800円(Wiiリモコン同梱)
カドゥケウスZ 2つの超執刀」 アトラス
Elebits」 コナミデジタルエンタテインメント
街クル ドミノ(仮称)」 サクセス → 発売未定
Necro-Nesia(ネクロネシア)」 スパイク
スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合」 セガ
スイングゴルフ パンヤ」 テクモ
Wing Island」 ハドソン
コロリンパ」 ハドソン
SDガンダム スカッドハンマーズ」 バンダイナムコゲームス
縁日の達人」 バンダイナムコゲームス
たまごっちのピカピカだいとーりょー!」 バンダイナムコゲームス
レッドスティール」 ユービーアイソフト
クレヨンしんちゃん 最強家族カスカベキング うぃ〜」 バンプレスト 6,090円

Wii 本体発売日

■Wii本体発売日
2006年12月2日(土)

■希望小売価格
25000円(税込)

■スペック詳細
Wii 本体 仕様

■同時発売タイトルリスト
Wii 本体同時発売タイトル一覧

Wii
任天堂 Wii

Wii 本体 仕様

■セット内容
・Wii 本体 × 1
・Wii リモコン(ストラップ付き) × 1
・ヌンチャク(拡張コントローラ) × 1
・Wii 専用ACアダプタ × 1
・Wii 専用AVケーブル × 1
・Wii 本体専用スタンド × 1
・Wii 本体専用補助プレート × 1
・センサーバー × 1
・センサーバースタンド × 1
・単三乾電池 × 2

■サイズ
[本体]
幅 44mm
高さ 157mm
奥行き 215.4mm (突起部分を除く)

[本体スタンド]
幅 55.4mm
高さ 42mm
奥行き 225.6mm (突起部分を除く)

■通信機能
・無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)またはLANアダプタ(オプション)によるインターネット接続
・任天堂独自プロトコル方式によるニンテンドーDSとの無線通信

■ニンテンドーゲームキューブ互換
・ニンテンドーゲームキューブのソフト、コントローラ、メモリーカードなどの周辺機器が利用可能
(ただし、モデムアダプタ、ブロードバンドアダプタ、ゲームボーイプレーヤー、AVケーブル、ACアダプタを除く)

■ドライブ(対応メディア)
・Wii用12cmディスク(1層/2層ディスク)
・ニンテンドー ゲームキューブ用8cmディスク

■入力端子
・USB2.0 × 2
・SDカードスロット × 1
・ゲームキューブコントローラポート × 4
・ゲームキューブメモリカードスロット × 2
・AVマルチ出力端子 × 1(新AVケーブル採用)
・センサーバー接続端子 × 1

■その他の機能
・アプリケーション、データ等の保存領域として512MBの内部フラッシュメモリ搭載
・オペラブラウザ(オプション)
・バーチャルコンソールのゲームやブラウザなど
 フラッシュメモリ内のアプリケーションを高速に起動
以上、公式サイト より。

尚、Wii本体の詳細なスペックは公表されてません。

Wii
Wii
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。